青火「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない1~4(完)

Adult

青火「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない1~4(完)

  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない1」
    Ships within 7 days
    300 JPY
  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない2」
    Ships within 7 days
    200 JPY
  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない3」
    Ships within 7 days
    200 JPY
  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない4(完)」
    Ships within 7 days
    300 JPY
  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない」全4巻セット
    Ships within 7 days
    1,000 JPY

2017年5月から2018年5月に掛けて発行させて頂いた青火小説です。(その間2回ほど寄り道しましたが) リアル天使火神と普通の人間青峰の運命的恋愛の話です。 簡単なあらすじ 火神と青峰はライバルでありセフレの関係である。 セフレとしての関係を続けているが、火神は絶対に青峰にはキスをさせないのであった。 互いに惹かれ合うが、火神には天使としての厳しいルールがそれをさせようとしないのだが……。 と、いう感じの話です。 サンプルはそれぞれ 「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない1」 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8100711 「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない2」 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8506766 「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない3」 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9359411 「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない4」 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9548174 ※こちらの本をお買い上げにつき、5/4イベントにて配布した無配本と無配グッズを一緒に送ります。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

2017年5月から2018年5月に掛けて発行させて頂いた青火小説です。(その間2回ほど寄り道しましたが) リアル天使火神と普通の人間青峰の運命的恋愛の話です。 簡単なあらすじ 火神と青峰はライバルでありセフレの関係である。 セフレとしての関係を続けているが、火神は絶対に青峰にはキスをさせないのであった。 互いに惹かれ合うが、火神には天使としての厳しいルールがそれをさせようとしないのだが……。 と、いう感じの話です。 サンプルはそれぞれ 「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない1」 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8100711 「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない2」 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8506766 「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない3」 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9359411 「それが運命というのなら、オレはオマエから離れられない4」 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9548174 ※こちらの本をお買い上げにつき、5/4イベントにて配布した無配本と無配グッズを一緒に送ります。